春の知らせ2
また、ひとつ浜崎の町家が再生されました。
d0101412_0111813.jpg
今度は現役の散髪屋さんです。
修理前はこのとおり、「ヘヤ~ル~ム メッシュ・アイパー」の文字が踊るすてきな看板が全面を覆っていました。
d0101412_0165496.jpg
これはこれで、昭和テイストが溢れていてよかったのですが・・・。
柱に残るわずかな漆喰の塗り跡から、萩でももずらしい木製の虫籠窓(むしごまど)が復活。
「髪処」と赤青のクルクルが、新たな散髪屋さんの印です。
d0101412_017168.jpg

これまでも、これからも散髪屋さんの灯がともる町家です。
d0101412_013136.jpg

- yo -
[PR]
by hamasaki_hagi | 2010-04-18 00:20 | 浜崎のまちかどより
<< 花見の季節 はや一年 >>