夏祭りの終わりに(前半)
また、浜崎の夏がやってきました。
でも、ちょっと油断をすると夏はどんどんと過ぎていきます。
萩の夏祭りは、毎年、8月1日~3日。
花火や総踊りや何やらを楽しみ、あっという間の3日間でした。
全てが終わったかに見える夜11時半。
闇夜の住吉神社境内に人だかりが。
d0101412_23192959.jpg
と、そこにあの御船(おふね)が入ってきました。
d0101412_23194912.jpg

昨年は、浜崎本町筋を巡幸する姿を拝んだあの御船です。
http://hamasakih.exblog.jp/10085425/
昨年は昼間に出発を見送った御船。
実は、萩城下の町々を巡幸し、こんな時間になってようやく住吉神社に還ってくるのです。
猛暑の中をカミシモ姿で、狭い船内での最後の御船謡(おふなうた)を演唱します。
野太い声とほら貝の音が闇夜に響き渡ります。
d0101412_2320108.jpg

今年も、ありがとう。
と、そこに神輿が・・・。
でも、眠いので次回の報告にへ。
- yo -
[PR]
by hamasaki_hagi | 2010-08-08 23:22 | 浜崎のまちかどより
<< 夏祭りの終わりに(後半) また新たな歴史が >>