只今、解体中!
工事中の旧山村船具店の二階の窓から、本町筋を眺めてみました。

d0101412_10135871.jpg窓の外に見えるのは、旧山中家住宅です。

旧山中と旧山村は、本町筋を挟んで、はす向かいに建っています。

こうして、いつもと違う角度から見ると、なんだか新鮮で、なんだか不思議。

普段から傍を歩いてるのに、近いんだなぁ、と妙に納得したりして。

旧山村船具店は江戸末期の建物。
旧山中家住宅とほぼ同時期に、所有者の山村さんが市に寄付されました。
昨年の夏から保存修理工事に着手し、今は解体作業を行っています。

完成後は、旧山中家住宅とともに、‘ 浜崎の町並み交流施設 ’として活用することになっています。
この2つの町屋がそれぞれ違う機能を持ち、連携して、1つの≪浜崎のまちづくり拠点≫となるべく、
現在、地元と市内関係団体、専門家、行政が今後の整備活用方針について話し合っています。

浜崎を訪れた人々が、この2つの町家を行き来する日が楽しみです。

-ai-
[PR]
by hamasaki_hagi | 2007-01-18 10:29 | 旧山村家住宅(船具店)より
<< 香る浜崎の路地 鬼は外、福は内! >>