お船謡
今年も、浜崎の伝統行事である、お船謡の奉納が行われました。
8月3日の午前11時、旧山村家住宅の前から地謡組を乗せたお船が出発です。

d0101412_21355072.jpg一目見ようと、多くの人々が集まりました。
浜崎町の町印のハッピを羽織った曳き手は中学生でしょうか。
これから夜中まで、曳き綱で市内各所へお船を動かします。


d0101412_21484685.jpg県の無形民俗文化財のお船謡は、うたの他、三味線、太鼓、ほら貝で演奏します。

泉福寺の奥さん「独特の節まわしなのよ。私は歌えるわよ。(~♪) 小さい頃からずっと聞いているからね。」



d0101412_22135131.jpgd0101412_22152982.jpgd0101412_22363711.jpg

「ほら、お船が通るよ」    「いくぞー、せーの」    「(お船謡は口伝です)」

d0101412_22141297.jpgd0101412_22143523.jpgd0101412_22155396.jpg

「お船に息子が乗っちょる」    「キター!!」    「追いかけよう!」

-ai-
[PR]
by hamasaki_hagi | 2008-08-04 21:40 | 浜崎のまちかどより
<< 町印 祭りを迎えるまちかど >>