土蔵へどうぞ(プレオープン報告)
プレオープンの目玉のひとつが、土蔵に飾りつけした浜崎の家々のおたからです。

d0101412_994761.jpg主屋と付属屋でつながっている、江戸時代建ての大きな土蔵です。

入口の大きな土戸には「そろばんレール」という隠れポイントがあるんですが、それはまた次回・・・。



さあ、土蔵の中をご覧ください。 「土蔵の中へどうぞー!」


d0101412_9225133.jpg


「おたから」といっても、おたから博物館で披露されるような由緒あるものはありませんが、
山村家をはじめ、浜崎の家々で大切に受け継がれてきたものばかり。


d0101412_9322065.jpg美しい茶器や着物、色鮮やかな明治期のポスター、今では珍しい民具の数々・・・。

また、山村家の船具店の頃の名残のある商売道具や、浜崎ゆかりの家々の大漁旗など、海にまつわる商売道具が並びました。

これらは、しっちょる会の皆さんが工夫をこらして展示したものです。


d0101412_9343439.jpg引き出しの中を楽しげにのぞきこんでますね。

このタンスの引き出しには、とある「しかけ」があるんですよ。
気付いた方、少ないのでは??


d0101412_9431129.jpg例の双眼鏡は、通りに面した戸を開けて外を眺めることができるようにしました。

うまくピントを合わせると、御船倉の屋根が見えるはず・・・!


観覧する側も、準備する側も、それぞれに楽しんだ企画でした。
正式公開後も、この土蔵は浜崎に関する資料の展示スペースとなります。

-ai-
[PR]
by hamasaki_hagi | 2008-11-20 09:06 | 旧山村家住宅(船具店)より
<< 古民家再生ワークショップ★親子... プレオープンを開催しました(報告) >>