カテゴリ:旧山中家より( 38 )
イチゴ!∞(可能性は無限大)
旧山中家にイチゴが登場です♪

d0101412_21585143.jpg美味しそう!・・・って、
これ、本物ではありませんのでご注意を。笑。

手先の器用な管理人さんが、「パン粘土」を使って作ったものです。
「パン粘土」だと、普通の粘土より色落ちしないんだそうです。
果実も、花も、葉も。本物そっくり・・・。


「前はもっと細かいことが出来たんだけどねえ・・・。」と、管理人さん。
いえいえ、十分スゴイです!

これから更に増える予定。
季節の移ろいとともに変わる旧山中家の展示に注目です!

-ai-
[PR]
by hamasaki_hagi | 2007-02-25 12:32 | 旧山中家より
受験生と恋する乙女へ
d0101412_18202429.jpg
かりあげ頭に、丸まった背中、
きちんと正座しているその姿勢。

全てが愛らしいこの男の子は、小学校にあがる頃でしょうか。
じっと本に見入って、ひらがなを勉強しています。

幼い朗唱の声が聞こえてきそうです。

d0101412_18274088.jpg隣に立つのは、お兄さんでしょうか。

通学鞄を小脇に抱え、
遠くを見つめる少年の将来は、さぞ前途洋々なことでしょう。
悩みなんて無いよ~、曇りひとつない表情です。

受験生の皆さん、彼らの頭をなでると、きっとご利益があるかも!?
d0101412_18395565.jpg
こちらは叶わぬ恋に胸を痛める少女でしょうか。
胸に手を当てて、首をかしげています。

せつないため息が聞こえてきそうです。
・・・ふぅ。

恋する乙女の皆さん、
この少女に悩みを打ち明けると、
今年のバレンタインはうまくいくかも!?

ひとつひとつが愛らしい、このお人形たち。
旧山中家の1階で、皆さんをお待ちしています。

・・・先日、彼らに願掛けした大学生の女の子は、うまくいったかな?

-ai-
[PR]
by hamasaki_hagi | 2007-01-22 17:28 | 旧山中家より
鬼は外、福は内!
お雛さまを飾った後ですが・・・、節分の話題です。

d0101412_1654360.jpg福・福・福・福・・・・・・!!
見ているだけで、自然と口元が緩んでしまいます ( ^ υ ^ )

これは、節分用にスタッフが作った「made in 浜崎」グッズ。
紙粘土を土台に布を貼り、「おかめ」の豊かな表情を表現しています。
頬にゆれる髪の毛は細い糸を1本1本貼り付けているんですよ!


d0101412_17151683.jpgもちろん、鬼もいます。
ご覧ください、この鬼たち。
大きな目をギョロッと見開いて、こちらを見ていますが、
・・・なんとなく、やさしい顔をしていませんか?


そう!
まだ、「キバ」 が無いのです。

d0101412_17254747.jpgキバを付けたら、このとおり。
でも、あんまり痛く無さそうですね。
(見えにくいかも知れませんが、ほら、金色のキバが!!)

どちらも手のひらにちょこんと乗るかわいいサイズ。壁にかけることもできます。
もうすぐ、旧山中家の雑貨コーナーに並びます!
あなたの家に置いて、一緒に福を招きませんか?

-ai-
[PR]
by hamasaki_hagi | 2007-01-10 17:40 | 旧山中家より
山中 蔵☆だより Vol.2
蔵から出てきた中で、面白いものがあったのでご紹介します。

d0101412_10584910.jpgとても鮮明だと思いませんか?
実は大正時代のものなんです!

右は大阪、左は京都の海産物委託問屋さんのもの。

ご贔屓さんに配ったカレンダーでしょうか。



d0101412_11235558.jpgd0101412_11241145.jpgこの山中家を建てた山中徳介さんは、
かつて「ヤマト」の屋号で、「山本商店」を営んでいた方です。
大商業都市 大阪・京都 と ‘ 港町 浜崎 ’。
なにか商売のやりとりがあったのでしょうか・・・?



明治大正期は大阪、伊予三津浜と並び、日本有数の魚市場として繁栄した ‘ 浜崎 ’。
昭和に入っても水産加工業は衰えなかったという。

1枚の絵から、色んなことを想像してしまいます。

-ai-
[PR]
by hamasaki_hagi | 2007-01-09 11:33 | 旧山中家より
山中 蔵☆だより Vol.1
新年明けましておめでとうございます。
旧山中家は今日から始動します。

今日は天気も良く、暖かな浜崎です。
このよき日に、梅屋・山中の管理人有志で蔵の片付けをすることになりました。

d0101412_16195055.jpg今月の中旬から蔵の改修工事を行うため、
それまでに蔵の中の物を外に出さなくてはならないのです。
よいしょ、よいしょ。

旧山中家は、所有者であった山中さんが、
浜崎のまちづくりに役立てて欲しい、と市に寄付された建物。
蔵に眠る物たちも展示に活かせるのなら、と、そのまま寄付していただきました。

蔵の中には昭和の香りが漂う物がいっぱい。
民具が主ですが、今では見なくなったものばかり。


d0101412_1715011.jpg例えば、これ。
何だか分かりますか?

正式名称は分かりませんが、暖をとるための道具とのことです。d0101412_1725587.jpg
陶器でできた筒状の容器に上部の栓から水(お湯?)を入れ、筒の中で炭を燃やし、容器の水を加熱して使います。
上に布団をかぶせ、こたつ代わりに使用していたようです。
冷めない湯たんぽ!?

他にも、昔のお雛さまや食器、家具類、などなど。
今後、これらを整理して、旧山中家で展示していきます。
蔵が完成したら、蔵の中でも展示したいと思います。
お楽しみに!

-ai-
[PR]
by hamasaki_hagi | 2007-01-05 18:37 | 旧山中家より
めんこ ニュース
旧山中家の蔵から古いめんこを発見しました!

d0101412_14395929.jpg今のところ、
いつの年代の物かは分かっていませんが、
めんこの図柄が歴代の日本の武将となっており、
ひょっとしたら、戦前のものかもしれません。



d0101412_15144055.jpg なかには、「東郷指令官長」というめんこもあります。
日露戦争を勝利に導いた「東郷平八郎」のことでしょうか。
うーん、強そうです。


d0101412_15151542.jpg残念ながら、私には遊びのルールがよくわからないのですが、
このめんこには、得点が書いてあります。
ざっと眺めたところ、
一番得点が高いのが、この「九百万億兆点」というめんこです。
0が幾つ並ぶのでしょうか。最強です。
ちなみに、東郷指令官長は「九億点」です。


d0101412_15193275.jpg現在、旧山中の1階座敷に展示してあります。
見てて飽きない、このめんこ達。
じっくり腰を据えて眺めてみませんか?
ご家族やお友達と、ぜひ、お越しください!!


(※年末年始休館。来年は1月5日(金)~。9:00~17:00。ただし、毎週水曜日休館。)

-ai-
[PR]
by hamasaki_hagi | 2006-12-28 15:33 | 旧山中家より
お正月に向けて
d0101412_115258.jpg
今年も残すところ、今日を入れてあと4日。
旧山中家では、新年を迎える準備が整いました。

玄関の戸を開けると、凧のお正月飾りがお出迎えです。
竹にちりばめられた白とピンクの飾りが華やかです。

奥に進むと、座敷は一層華やかに。
床ノ間には松が!
あぁ、お正月ですねぇ (o^- ^o)

これらのお飾りは、全て管理人のメンバーによるものです。
女性ならではの、アイデアとセンスが光り、
浜崎の町家の佇まいにとてもよく合っています。


d0101412_11522018.jpgd0101412_1159627.jpg

旧山中家は
今年は、これで閉館です。
来年は1月5日(金)からです。
皆さんのお越しをお待ちしています。
(旧山中家 0838-22-0133  
休館日/毎週水曜日、年末年始  開館時間/9:00~17:00)

-ai-
[PR]
by hamasaki_hagi | 2006-12-28 12:46 | 旧山中家より
クリスマスグッズ登場!!
旧山中家の雑貨コーナーにクリスマスグッズが登場しています。

d0101412_1421120.jpgかわいらしいモチーフが連なるクリスマスオーナメントは、
限定10個! ほしい方はお早めに。

モチーフは、旧山中家のメンバーの手でひとつひとつ作られていて、白いパン粘土に絵の具を混ぜて色付き粘土をつくったり、自然乾燥で仕上げるので、とても時間がかかります。


d0101412_14213661.jpgd0101412_1422450.jpg←ポインセチアの葉っぱやサンタクロースのお髭など、細部までていねいに作られたモチーフに感動!

→古布などでデコレーションした松ぼっくりの中にもクリスマスらしい色使いのものが。
ミニツリーに見立ててもかわいいですね。



今は、お正月用のグッズを作成中。
水引や箸置を組み合わせてお正月らしい飾りにしようと試行錯誤中です。
d0101412_14401713.jpgd0101412_14402642.jpgd0101412_14403648.jpg


実はこの松ぼっくり、住吉神社でひろったものなんです!
ほかの布小物たちも、旧山中家に残されていた布団をほどいた古布や、
ご近所から集まったハギレが材料になっています。

旧山中家の土間に並ぶ、まさに「made in 浜崎」なグッズたち。
これからも季節にあわせて作っていくそうなので、どうぞお楽しみに!
[PR]
by hamasaki_hagi | 2006-12-08 13:13 | 旧山中家より