「ほっ」と。キャンペーン
カテゴリ:まちなみ対策課より( 6 )
古民家再生建築見学会開催のお知らせ
浜崎では、毎年数件ずつ、伝建地区内の伝統的建造物の保存修理を行っています。

d0101412_1844374.jpg今年度も、2件の町家と住吉神社の恵比須社、稲荷社、粟島社の保存修理工事が行われています。

左の写真は、住吉神社の現場です。(ちょっと、様子が分かりにくいですね・・・。見学時はこれよりも工程は進んでいます。)



これらの修理物件を対象に、今年も見学会を開催します。
日時は3月1日(日)、10:00~12:00です。
旧山村家住宅(山口銀行浜崎出張所の向かい)の前に10:00に集合してください。

お車でお越しの方は、おふなぐら公園を臨時駐車場として開放しますので、そちらに駐車してください。(係員がいます)


所有者さんのご厚意により、修理している町家の内部も見ることが出来ます。
また、住吉神社の社の修理など、珍しい現場も見学できます。


d0101412_18494180.jpgこれは、社に施された装飾です。
元の部材をもとに復原されます。

各場所では、工事を担当している設計士と工務店の担当者が説明しますので、具体的な解説や修理時のこぼれ話なども聞けますよ!!


皆さん、温かい格好でお越しください!

-ai-
[PR]
by hamasaki_hagi | 2009-02-17 18:27 | まちなみ対策課より
古民家再生見学会レポート
d0101412_10241746.jpg今年の見学会も、小雪舞い散る寒~い1日となり、天候には恵まれませんでしたが、多くの方にお越しいただき、本当にありがとうございました。

(雪男は観光課M氏、雪女は・・・私です。皆さん、すみません。)
浜崎しっちょる会の皆さんの大奮闘あたたかいおもてなし、建築士さんや大工さんの熱意ある対応のおかげで、寒さも吹き飛ばすホットな1日になりました。

d0101412_1182610.jpg御船倉の内部を初めて見る方も多かったようです。
かつて、このあたりは海で、藩主の大きな御座船が収められていた姿を思い描きました。 
d0101412_11124037.jpg 中村Y家は、船宿として利用されていたほどの大きな家です。
耐震補強のため、色々と工夫されていることがよく分かりました。

d0101412_11315130.jpg中村A家離屋です。
浜崎では珍しい、横板張りの洋風建築です。
角地の特異な敷地のため、屋根の収め方に苦労されたようです。

d0101412_11103117.jpg裏筋の本町横町から、旧山中家の土蔵を見学しました。
土壁塗り体験をした土蔵が美しく再生しています。


d0101412_11204370.jpgお馴染みの梅屋旧宅です。
お雛さまが展示してあるため、庭からの見学となりました。

d0101412_11135519.jpg大嶋宅です。坂に沿った敷地に建つ建物の特徴を見ることができました。
オモテの蔀戸の内側は駐車スペースとなっており、現代生活に合うよう工夫されています。
内部には醤油の醸造樽や倉が残り、商家の名残がうかがえます。


見学会終了後のアンケートによると、一番に印象に残ったのは、やはり旧山村船具店とのことでした。
改修前の姿を知っている方が多く、非常に関心が高かったようです。

d0101412_11374062.jpg本町筋に面したオモテ玄関から入っていきます。
ここに大きな特徴があります。

以前の開放的な開口部とは異なる姿になった理由、建物の成り立ち、商家特有の間取り等について、担当者の説明に熱心に耳を傾けられました。

d0101412_1038431.jpgd0101412_10382694.jpg



d0101412_11394028.jpg座談会で記入してもらったアンケートには、
「浜崎の町並みの素晴らしさを再認識した」
「維持するのは大変だと思うが、是非残していってほしい」 というご意見のほか、
「建物や現在地の案内板を充実させると個人で見に来ても理解しやすい」
「町家の公開を増やしてほしい」 といった提言もありました。
多くのご意見ご感想を励みとし、今後に活かしていきたいと思います。


地元関係者の皆さん、施工に関わられた皆さん、寒い中ご協力いただきまして、ありがとうございました。

【見学会資料】 見学会資料表紙(PDF141KB) 、見学会資料(PDF2.56MB)見学ルート(PDF1.17MB)
※資料の中で使用した素敵なイラストは、浜崎マップでもお馴染みのTさんによるものです。
[PR]
by hamasaki_hagi | 2008-02-26 11:46 | まちなみ対策課より
古民家再生建築見学会を開催します!
先日、少しご紹介しましたが、
古民家再生建築見学会を開催します!

日時は、2月24日() 午後1時~3時30分です。
参加される方は、午後1時までに御船倉前に集合してください。
今回は、萩観光セミナーの受講者の皆さんも一緒に見学されますので、昨年度よりは参加者も多く、賑やかになるのではないでしょうか。

見学コースは、こちらをご覧ください。(PDF)

今回は旧山村船具店の見学がメインとなり、じっくりご覧いただけます。
そのほか、平成18・19年度の文化庁補助による修理物件が3件、古民家再生のモデル住宅である梅屋旧宅ちょうど1年前に子供たちが土壁塗りに挑戦した旧山中家の土蔵を見学します。 →見どころはコチラ。(PDF)

見学後は、浜崎みんなの家で、温かいお茶を頂きながら、感想を聞かせてもらえたらと思います。

d0101412_13443317.jpg当日は、見学先の修理を担当した設計士さんや大工さんも同席されます。
住宅の改修や維持、家屋の構造などに関する素朴な質問、相談、大歓迎です。
また、歴史的な町並みの散策に興味のある方、浜崎のガイドを聞いて歩いてみたい方、どうぞお気軽にお集まりください。
「アパート暮らしで家の改築とかあまり関係ないけど、普段見れないものが見れるんなら行ってみようかのぅ」という方も勿論どうぞ!

参加料は無料、事前申し込みも不要です。
会場周辺に駐車場もご用意しています。(係員の誘導に従ってください)


昨年度の様子はココ


問い合わせ ★旧山中家住宅 0838-22-0133 もしくは ★萩市まちなみ対策課 0838-25-3238 まで
[PR]
by hamasaki_hagi | 2008-02-15 16:06 | まちなみ対策課より
大盛況!! 『親子で土壁塗り体験』 (3/4) レポート!
気持ちいいほどの快晴だった、先週の日曜日。
旧山中家住宅の土蔵にて、43人の親子が土壁塗りに挑戦しました!
古民家再生の普及啓発事業の一環で、地元 浜崎しっちょる会と萩市の共催です。

d0101412_17571472.jpgd0101412_1883592.jpg挑む土蔵の壁面です!
小舞(こまい)が職人さんの手で綺麗に竹で組まれています。この小舞に荒壁土(あらかべつち)を塗り込めていくのです。

真剣な顔つきの子供達。
さあ、皆で、土壁塗りに挑戦だ~~~。



最初の一投目!とぅ!  ・・・他のみんなはどうかな( ^o^ )?↓

d0101412_1824251.jpgd0101412_18245126.jpgd0101412_1825989.jpg

コテという不慣れな道具を使って、最初は戸惑っていた子供たちですが、すぐに夢中で取り組んでいました。
あーー、・・・服も、靴も、泥だらけ。 ・・・最後は自分の手を使って仕上げていきます。

d0101412_1836755.jpgd0101412_18383317.jpg


小さな職人さん、お疲れ様でした!

d0101412_18482886.jpg子供たちの笑顔と歓声に包まれた旧山中家。
当日の様子はパネルにして旧山中家に展示する予定です。お越しの際は、ぜひご覧ください。

※子供達の感想カード(カラフル!)↓
d0101412_1901599.jpg

江戸時代に建てられた旧山中家の土蔵。
このように、壁の塗り直しなどの修理を重ね、今まで大切に守り続けられてきたのです。
これからも、次の世代へと受け継がれていく、萩のおたからです。

※なお、この土壁塗り体験については、総務省の交流居住ポータルサイトでも紹介しています。(最下部のブログのコーナー)
[PR]
by hamasaki_hagi | 2007-03-06 18:49 | まちなみ対策課より
古民家再生建築相談会及び見学会、無事終了!
去る17日の日曜日、この冬一番の寒ーい日に、
地元 浜崎しっちょる会の皆さんのご活躍により、無事終了することができました。
前日からの雨も、始まる頃には弱まりました。やった!

d0101412_12481934.jpg今回のメインは、なんといっても旧山村船具店です。
この冬の時期に見学会を行ったのも、解体作業が終わるのを待っていたからです。
見学会では、江戸期の基礎組や構造、当時の建具の痕跡などがよくわかりました。



d0101412_12552789.jpg
 何か面白いものがありましたか?
(*^ ^*) →





d0101412_1323939.jpg今回、見学先の説明をされたのは、実際に設計・施工されたプロの皆さんです。
身振り手振り、丁寧に教えていただき、とても分かりやすかったです。
施工するうえで実際に苦労された話なども聞き、皆さん興味深々でした。
ご協力、ありがとうございました。

見学会の後は、旧山中家住宅の2階に上がり、熱いお茶で冷えた体を温め、皆で見学会の感想や質問などを話し合いました。
寒い中、お集まりいただいた皆さん、どうもありがとうございました。

次回は、来年春に予定しています。
ただ見学して回るだけでなく、何か体験できるコーナーを設けるなど工夫したいと思っています。
またご案内しますので、ぜひお越しください!
[PR]
by hamasaki_hagi | 2006-12-19 13:22 | まちなみ対策課より
12月17日(日)、古民家再生建築相談会・見学会を開催します!


浜崎には伝統的建造物に指定された建築物が132棟あります。
古くは江戸期から、明治、大正、昭和初期の町家が連なり、往時の佇まいを残しています。

このたび、地元 浜崎しっちょる会との共催により、
この浜崎を舞台に古民家再生をテーマとした見学会を開催します!
古い住宅の良さを活かしつつ高齢者や若い人にも住みやすく生まれ変わった町家を実際に見学しながら、その伝統工法やリフォーム術などについて説明します。
皆様、是非お越しください!!

■見学会の見どころ
d0101412_15352776.jpg←①浜崎の本町筋に面する旧山村船具店(江戸末期建)。
現在、復原修理中で外からは見えません。
見学会では建物内部に入って、当時の町家の骨組みを見ることができます。
完成後の平成21年4月には、
向かいの旧山中家住宅と「浜崎町並み交流施設」としてOPENする予定です。

d0101412_15174454.jpg②H家土蔵のなまこ壁。なんと竹釘が使われています!→
長い年月で見ると、金属釘よりも竹釘の方が強いとのこと。
こんな隠された秘密も、実際施工を担当された大工さんが説明します。
(※写真は工事中のもの。現在は完成しています。)

d0101412_1626374.jpg
←③耐震補強のひとつ「制震ダンパー」。
  伝統木造家屋のしなやかな構造を活かした補強方法です。
  旧山中家住宅で見ることができます。



d0101412_1611139.jpgd0101412_16113460.jpgその他にも、
古民家再生モデル住宅「梅屋七兵衛旧宅」や、
改修中あるいは改修を終えた伝統的建造物を見学します。
(右;N家[改修中]、左;N家離屋[完成])



見学会のあとは、旧山中家住宅の2階で座談会を行います。
浜崎ならではの粗品を記念にお持ち帰りいただきます。

参加をご希望の方は、
平成18年12月17日(日) 午前10時~(2時間半程度)
旧山中家住宅の前に集合してください。(参加費無料、事前申込不要)
車でお越しの方は、おふなぐら公園に駐車してください。
お待ちしています!!
(お問い合わせ 萩市まちなみ対策課 25-3238)
[PR]
by hamasaki_hagi | 2006-12-13 17:21 | まちなみ対策課より