<   2008年 01月 ( 3 )   > この月の画像一覧
今だけの・・・、
d0101412_110380.jpg
架線の無くなった電柱たちです。

逆光で撮影すると、その姿が浮かび上がって、ちょっとノスタルジック。


柱だけがそびえる、今だけの光景です。


d0101412_1161673.jpg
もうじき、このように運ばれていきます。
ドナドナ。


-ai-
[PR]
by hamasaki_hagi | 2008-01-25 11:08 | 浜崎のまちかどより
はじめまして。
「はじめまして、僕、カーブミラーです。
このたび、本町筋の美装化に合わせて、新しくなりました。」
d0101412_17391844.jpg
浜崎の町並みに合うように、ミラーは木枠となっていて、銅板の庇が付いているのがポイントです。

現在、浜崎は電線類の地中化と道路の美装化が進んでいます。
今月末には、本町筋の電柱の撤去が行われる予定です。
生まれ変わる浜崎の町並みを、皆さん見に来てください!

-ai-
[PR]
by hamasaki_hagi | 2008-01-24 17:46 | 浜崎のまちかどより
白と黒
久々更新の「旧山村船具店」です。↓(年末撮影)
d0101412_1781069.jpg
昨年末、建物を覆っていた素屋根と養生シートが撤去され、保存修理工事の全貌が目で見て分かるようになってきました。

塗りたての漆喰がまぶしい・・・。

↓修理前の写真です。d0101412_1761752.jpg

修理前と後では、広い道路に面した開口部の形が大きく違います。
これは、明治前期の姿に復原したためです。
当時、お客さんが行き来する出入り口は、こちら側ではありませんでした。
主たる出入り口は、当時のメインストリートである本町筋に面した方となります。

印象が随分変わりますね。


もうひとつハッとさせられるのが、本町筋に面したこの黒漆喰の壁です。

d0101412_16461649.jpg
以前から黒漆喰だったのですが、隣接する白漆喰の壁とともにきれいに塗り直され、そのコントラストに目を奪われます。

なお、完成後は、主にこちらから出入りするようになります。



2月24日(日)には、浜崎伝建地区にて古民家再生見学会を開催する予定です。
この見学会では、修理中の旧山村船具店の内部も公開します。
詳細が決まり次第、またお知らせしますので、ぜひご参加ください。

-ai- 
[PR]
by hamasaki_hagi | 2008-01-16 17:18 | 旧山村家住宅(船具店)より