「ほっ」と。キャンペーン
<   2008年 11月 ( 5 )   > この月の画像一覧
前から思ってたんですが・・・。
ちょっと前に撮影した、山村の北の土蔵です。

d0101412_16135976.jpg正面から見ると、なんだか顔に見えませんか?

白髪をぴっちり真ん中で分けて、鼻の下にひげをたくわえた、おじいちゃん。

ほら!2つの銅板の窓が目で、窓の庇が眉毛で・・・。


目を見開いて、口を「お」の字に開けて、ビックリ顔・・!?

-ai-
[PR]
by hamasaki_hagi | 2008-11-27 16:21 | 旧山村家住宅(船具店)より
古民家再生ワークショップ★親子で土間タタキ体験(報告)
d0101412_1004238.jpg11/3、プレオープンの日、旧山村家住宅の、未だ工事中の主屋北では、親子で土間タタキ体験を行いました。
当日集まった元気なチビッコは25人!
後ろでお父さん、お母さんが見守ります。

d0101412_1021891.jpg現代の住宅では見られなくなった「タタキ」は、漢字では「三和土」とか書きます。
文字通り、主に3つの材料<土・石灰・ニガリ>が混ざったものを叩いて固めて造られます。

作業の直前に、ミキサーで混ぜます。

d0101412_10235381.jpg作業は浜崎しっちょる会のサポートのもと、山村の工事に携わった「山根建築」さんと設計士の高村さんの指導で進められました。


d0101412_10271137.jpgいよいよスタートです。

「ええか、こうするんど!力いっぱい叩け!!」


d0101412_10304825.jpg実際の工事では、「タコ」という、もっと重たい道具で叩くのですが、今回は子供用に作った小さめの木の道具を使いました。

子供たちの精一杯の力で、叩きます。
「手が痛ーい、シビれるー」


d0101412_10395846.jpgd0101412_10395177.jpg慣れない作業に悪戦苦闘する子供たちを、お父さん、お母さんたちが応援します。

「ほらほら、もっとしっかり!」


★★★

d0101412_10455123.jpg作業終了後は、記念写真をパチリ!


子供たちの叩き固めた土間は、これから、多くの人の往来によって更に踏み固められ、受け継がれていきます。

今回参加された皆さん、関係者の皆さん、どうもありがとうございました。
完成した旧山村家住宅を、また見に来てくださいね。


d0101412_10165779.jpg
当日の資料はコチラ(PDF) オモテ ウラ ※無断転載不可


-ai-
[PR]
by hamasaki_hagi | 2008-11-21 10:58 | 旧山村家住宅(船具店)より
土蔵へどうぞ(プレオープン報告)
プレオープンの目玉のひとつが、土蔵に飾りつけした浜崎の家々のおたからです。

d0101412_994761.jpg主屋と付属屋でつながっている、江戸時代建ての大きな土蔵です。

入口の大きな土戸には「そろばんレール」という隠れポイントがあるんですが、それはまた次回・・・。



さあ、土蔵の中をご覧ください。 「土蔵の中へどうぞー!」


d0101412_9225133.jpg


「おたから」といっても、おたから博物館で披露されるような由緒あるものはありませんが、
山村家をはじめ、浜崎の家々で大切に受け継がれてきたものばかり。


d0101412_9322065.jpg美しい茶器や着物、色鮮やかな明治期のポスター、今では珍しい民具の数々・・・。

また、山村家の船具店の頃の名残のある商売道具や、浜崎ゆかりの家々の大漁旗など、海にまつわる商売道具が並びました。

これらは、しっちょる会の皆さんが工夫をこらして展示したものです。


d0101412_9343439.jpg引き出しの中を楽しげにのぞきこんでますね。

このタンスの引き出しには、とある「しかけ」があるんですよ。
気付いた方、少ないのでは??


d0101412_9431129.jpg例の双眼鏡は、通りに面した戸を開けて外を眺めることができるようにしました。

うまくピントを合わせると、御船倉の屋根が見えるはず・・・!


観覧する側も、準備する側も、それぞれに楽しんだ企画でした。
正式公開後も、この土蔵は浜崎に関する資料の展示スペースとなります。

-ai-
[PR]
by hamasaki_hagi | 2008-11-20 09:06 | 旧山村家住宅(船具店)より
プレオープンを開催しました(報告)
報告が遅れまして、すみません。
11/3、山村のプレオープンに多くの方がお越しくださいました。御礼申し上げます。

d0101412_1647031.jpg長らく山村船具店として親しまれていたこの建物の改修が、多くの方の注目を集めていることに、改めて気付いた1日でした。


d0101412_16495257.jpg工事担当者の説明にも、自然と熱が入ります。

「いやいや、これはですねー、・・・」


d0101412_16505177.jpg地元の方が心を込めて提供した浜崎ランチも好評でした。
(ピークのときはお待たせすることもあり、ご迷惑をおかけしました。)



d0101412_1753738.jpgd0101412_16552917.jpgd0101412_16575978.jpg


正式なオープンは、来年の4月の予定です!
それまで、今回のプレオープンで色々と浮き彫りになった課題を見直し、体制づくりなど進めていきます。

更に中身を充実させて、皆様をお迎えします( ^ ^ )/


d0101412_11232341.jpg当日の資料はコチラ(PDF) オモテ ウラ


-ai-

[PR]
by hamasaki_hagi | 2008-11-19 16:37 | 旧山村家住宅(船具店)より
11/3山村プレの準備②
いよいよ、山村のプレオープンまであと2日です。
今回は、土蔵南の展示のお知らせです。

d0101412_9382079.jpgこれが土蔵南の内部です。
この写真では、上部は暗くて見えにくいですが、一部吹き抜けになっていて、2階部分を仰ぎ見ることができます。

江戸時代に建てられたもので、今回の修理工事においても大規模な補修はしていません。
内部の柱、床板は特にそのままの状態です。

展示スペースとして活用するために、内部にスポットライトを配しました。

この写真では、まだ中身は空っぽの状態です。

この土蔵の中に、山村さんや、山中さんから譲り受けた品々や、他の浜崎の家々から借りた品々を展示します。



昨年から、浜崎しっちょる会では、所蔵品の整理、分類を行ってきました。
そして、これらの所蔵品をどのように展示していくべきか、検討を重ねてきました。

d0101412_9444946.jpgこれは、10月某日の土蔵南。
11/3に展示する品を選び、どう置こうか、相談中。

何やら楽しげですね!

「おっ!まだ使えるぞ。お前さんの顔が大きく見えとるよー」

ちなみにこれは、船に設置して使う、昔の大型の双眼鏡です。



その他の展示物も一部紹介・・・。d0101412_9571721.jpgd0101412_9572866.jpgd0101412_9573764.jpg


土蔵という空間を活かした、手作りの、素敵な展示となっています。
また、山村家、山中家だけでなく、他の浜崎に住む方から品を借りて、展示しています。

ぜひご覧ください。

-ai-
[PR]
by hamasaki_hagi | 2008-11-01 09:23 | 旧山村家住宅(船具店)より