<   2010年 08月 ( 3 )   > この月の画像一覧
繕う人々
旧山村家住宅の障子に花が咲きました。
d0101412_021668.jpg
日々の活動の中で、いつのまにか障子に穴があくものです。
d0101412_0215020.jpg
ある程度、数が増えると、おばちゃん手製の障子の花がつくられます。
d0101412_023337.jpg
着々と障子の花が増えていきます。

こちらでは、おじちゃんが電気の配線をやり直しています。
d0101412_023266.jpg
ちょっと前には、裏の土間で竹をくりぬいて花を植えるプランターづくり。
d0101412_0235530.jpg
手慣れたものです。

こうした、繕うおばちゃん、おじちゃんの日々の活動により、
旧山村家住宅は、どんどんと浜崎の町家としてどんどんと熟成されていくような気がします。
 - yo -
[PR]
by hamasaki_hagi | 2010-08-25 00:27 | 旧山村家住宅(船具店)より
夏祭りの終わりに(後半)
一昨日の続きです。
夏祭りの最終日の夜中。
御船謡(おふなうた)の演唱も終わり、既に12時を超えました。
そこに、静寂を破って飛び込んできたのは御神輿(おみこし)。
「オイサッ、オイサッ」の掛け声とともに突進してきます。
d0101412_2258877.jpg
ところが、同じ仲間にその行く手を阻まれます。
行く手を失った御神輿は「マワリマショ、マワリマショ」の掛け声とともにその場でグルグル。
d0101412_2302766.jpg

そして、なんと「オイサッ、オイサッ」の掛け声とともに反転して境内をあとにします。
入ってくる時の気迫とは、うらはらにその姿は少しコミカルにも見えます。
d0101412_22591036.jpg
また、境内は闇夜に包まれます。
と、そこに再び、神輿が突入。またも、行く手を阻止され、グルグル回ると、撤退。
この押し合いへし合いが何度も何度も繰り返されます。
しかし、既に朝から城下の町々を巡幸してきた神輿。
お兄さん方の体力も限界に近づいています。

またもや阻止された神輿に、周りの観客から拍手と「がんばれー」と声が飛びます。
そして、いったい何度めのトライだったでしょうか。
ついに阻止の手を振り切り神社の拝殿に神輿が突入(オアガリと言うそうです)。
d0101412_2305570.jpg

無事に神様が神社に戻られ、浜崎の夏祭りが終わりを告げます。
今年もホントにありがとう。
- yo -
[PR]
by hamasaki_hagi | 2010-08-10 23:02 | 浜崎のまちかどより
夏祭りの終わりに(前半)
また、浜崎の夏がやってきました。
でも、ちょっと油断をすると夏はどんどんと過ぎていきます。
萩の夏祭りは、毎年、8月1日~3日。
花火や総踊りや何やらを楽しみ、あっという間の3日間でした。
全てが終わったかに見える夜11時半。
闇夜の住吉神社境内に人だかりが。
d0101412_23192959.jpg
と、そこにあの御船(おふね)が入ってきました。
d0101412_23194912.jpg

昨年は、浜崎本町筋を巡幸する姿を拝んだあの御船です。
http://hamasakih.exblog.jp/10085425/
昨年は昼間に出発を見送った御船。
実は、萩城下の町々を巡幸し、こんな時間になってようやく住吉神社に還ってくるのです。
猛暑の中をカミシモ姿で、狭い船内での最後の御船謡(おふなうた)を演唱します。
野太い声とほら貝の音が闇夜に響き渡ります。
d0101412_2320108.jpg

今年も、ありがとう。
と、そこに神輿が・・・。
でも、眠いので次回の報告にへ。
- yo -
[PR]
by hamasaki_hagi | 2010-08-08 23:22 | 浜崎のまちかどより